瀬谷区版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

イカリモンガ 文・写真:中村多加夫(瀬谷環境ネット) 瀬谷の生き物だより139

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena

 皆さんは、蛾と蝶の違いをご存じだろうか!蛾は触角が櫛状、翅を開いて止まる、地味で汚い、胴体が太い、夜に電灯に集まると言われている。

 先日、瀬谷市民の森近くのシダ植物が茂っている所で茶色とオレンジ色、黒のきれいな蝶?を見つけた。初めて見るので、図鑑やインターネットで調べたが名前が判らず、テングチョウに似ているので、「テングチョウ」も検索したが判らなかった。もしかして蛾なのかと思い、「テングチョウの様な蛾」で検索したところ、イカリモンガという蛾であることが判った。

 この蛾は蛾らしいところが無く、全て蝶の特徴を備えているように思われる。何故、蛾なのかと調べると分類学上、日本のチョウ目(鱗翅目)はセセリチョウ科、アゲハチョウ科、シロチョウ科、シジミチョウ科、タテハチョウ科に属するものを「蝶」と呼び、そのほかを「蛾」と呼ぶことが分かった。

 イカリモンガは、チョウ目イカリモンガ科に分類され、翅を広げると35mm程の大きさ、前翅にオレンジ色の錨の形をした紋があり、和名の由来となっている。幼虫はシダ植物のイノデなどを食草とするとのこと。昆虫の世界は調べると面白い。
 

暮らしやすいまちづくりの計画

瀬谷区のみなさんの声をもとに、第4期瀬谷区地域福祉保健計画ができました

https://www.city.yokohama.lg.jp/seya/kurashi/fukushi_kaigo/chiikifukushi/fukushi-plan/dai4kisakutei.html

<PR>

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより 142

ルリタテハ文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより 142

11月25日号

瀬谷の生き物だより141

エゾビタキ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより141

10月28日号

花で地域に癒し

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.5

花で地域に癒し

瀬谷西高校

10月14日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【7】

横浜とシュウマイと私

「『ラー博』で名シュウマイを」

10月7日号

瀬谷の生き物だより140

ショウジョウトンボ文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより140

9月16日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【6】

横浜とシュウマイと私

「チルドの祖も横浜発祥」

9月9日号

寳藏寺墓苑&樹木葬墓地 花の苑

墓石付き完成墓地105.5万円~樹木葬墓地33万円~☎0120・514194

http://www.514194.co.jp

スポーツクラブNAS瀬谷

今年ラストの特別入会プラン。12月14日(火)まで実施中です。

https://www.nas-club.co.jp/seya

☆せやまるペイ販売中☆

区内商店街で使えるお得な電子商品券!詳しくはHPを!

https://www.seyakushotengairengoukai.com/seyamarupay/

アールグレイのシュトーレン

三ツ境のパン屋・ベーカリーサザンヴィラでお待ちしています☆

http://southern-villa.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月25日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook