瀬谷区版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

ルリタテハ文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同) 瀬谷の生き物だより 142

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena

 11月、瀬谷市民の森を散策しているとクヌギやコナラの幹の周りを蝶や蜂が飛び交っているのが見られた。近づいて暫く見ていると幹に止まった一頭の蝶が翅(はね)を開いた。黒い翅に、翅の少し内側に沿って淡い瑠璃色の帯状の線と前翅の先端に白い斑のある美しい模様が目に入った。直ぐにルリタテハだと分かった。

 翅の裏側は褐色の濃淡模様なので、翅を閉じているとクヌギ等の木肌模様に近く余り目立たないが、翅を開いた時の美しさは格別だ。

 本種はタテハチョウ科に属し、平地から山地に生息。夏型(6〜8月)と秋型(9〜11月)があり、大きさは3〜4cmで雌の方がやや大型。秋型は成虫で越冬する。このため、春先の暖かい日に翅がボロボロになったルリタテハを見掛けることがある。食草はサルトリイバラ、ユリ類等であるが、幼虫は庭のホトトギスなども食すとのことである。この時期、クヌギやコナラの樹液に集まり、時にスズメバチと樹液の取り合いをしているルリタテハが見られる。

スポーツクラブNAS瀬谷

キッズスクール。2月3日より無料体験会スタート!申し込み受付中

https://www.nas-club.co.jp/seya

寳藏寺墓苑&樹木葬墓地 花の苑

墓石付き完成墓地105.5万円~樹木葬墓地33万円~☎0120・514194

http://www.514194.co.jp

<PR>

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより 144

タヒバリ文::今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより 144

1月20日号

瀬谷の生き物だより 143

ミソサザイ文::今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより 143

12月16日号

瀬谷の生き物だより 142

ルリタテハ文:清水道夫(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより 142

11月25日号

瀬谷の生き物だより141

エゾビタキ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット) 写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより141

10月28日号

花で地域に癒し

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.5

花で地域に癒し

瀬谷西高校

10月14日号

横浜とシュウマイと私

連載コーナー【7】

横浜とシュウマイと私

「『ラー博』で名シュウマイを」

10月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook