多摩区版 掲載号:2017年3月17日号

川崎市議会

スポーツ議連が誕生 政治

2020年に向け、活動

意欲を見せる議連役員と関係者
意欲を見せる議連役員と関係者

 川崎のスポーツ振興を目指したグループ「川崎市スポーツ振興議員連盟」が、先月設立された。市議会超党派58人が賛同。3年後の東京五輪・パラリンピックを見据えた取り組みをはじめ、川崎をホームタウンとするチームや選手の支援を通じて、地域活性につなげていきたいとしている。

 スポーツ議連は、スポーツを通じた地域コミュニティー活性や都市間交流などを目的に全国の多くの政令市に設けられ、川崎でも設立の必要性の声がスポーツ関係者からも挙がっていた。

 先月28日に開かれた設立総会には、市議58人が出席。会長に自民党石田康博氏、副会長に公明党の菅原進氏と民進党押本吉司氏、事務局長に自民党の青木功雄氏、会計に共産党の片柳進氏、監事に公明党の花輪孝一氏がそれぞれ選出された。

 あいさつした石田氏は「都市の活力を持していくためにはスポーツの力は必要だ。川崎に潤いと活力を」と呼びかけた。

 この日は市スポーツ協会の齊藤義晴会長、川崎フロンターレサッカー事業部の長谷川幸雄部長、TBLSサービス(川崎ブレイブサンダース運営会社)の荒木雅己社長が来賓として出席。「スポーツの持つ力は大きい。議連からも力強い支援をいただければ」と期待を寄せた。

 同議連はこれから、東京五輪・パラリンピックに向けた活動やスポーツ団体との連携、協力、要望活動に取り組んでいく。

議連有志が広報紙配布

 川崎市議会は5日、サッカーJ1・川崎フロンターレのホーム開幕戦が行われた等々力陸上競技場で、中村憲剛選手が表紙の市議会広報紙「議会かわさき」112号を1千部配布した。

 市議会の取り組みを広く周知し、議会への関心を高めてもらうのが狙い。配布活動にはスポーツ議連の議員約10人も参加し、PR活動が行われた。
 

配布された「議会かわさき」
配布された「議会かわさき」

関連記事powered by weblio


多摩区版のローカルニュース最新6件

古民家に魅せられて

県指導会で救助技術披露

多摩消防署古賀さん

県指導会で救助技術披露

6月23日号

黒田選手が判定勝ち

日本フライ級 王座統一戦 川崎新田ジム

黒田選手が判定勝ち

6月23日号

定期演奏会

駒沢学園女子中高

定期演奏会

6月23日号

「新たな可能性示したい」

悩み支援、広がる輪

不登校考える親の会

悩み支援、広がる輪

6月23日号

川崎市多摩スポーツセンター

スポーツ・テニス教室、受講生募集

http://kawasaki-tamaspo.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/