多摩区版

2018年4月の記事一覧

  • 相続した空家の悩みを解決する「7種類の土地の利用法」

    無料セミナー

    相続した空家の悩みを解決する「7種類の土地の利用法」

     空家を相続した少なくない人が「放っておくと家が傷むし、庭の草木は伸び放題」「近所の目もあり定期的に手入れをしているが、行くだけでも負担」「電気や水道の基本料金...(続きを読む)

  • 3世代で楽しめる大型複合店

    3世代で楽しめる大型複合店

    30日までフェスティバル開催

     書籍や文具、CD・DVDが全国最大級6600平方メートルのワンフロアに集合する、若葉台の大型複合店「コーチャンフォー」。明るく広々とした店内には、児童書から雑...(続きを読む)

  • 永代供養が4万円から

    管理費・寄付なし 眞宗寺

    永代供養が4万円から

    川崎大仏が見守る霊園

     「誰もが安心して“終の棲家”を持ってもらいたい」と眞宗寺の『溝の口本堂』と『川崎霊園』(麻生区)では4万円から納骨できる永代供養・合祀墓を設けている。...(続きを読む)

  • 税理士が親身に対応税務相談会を開催

    三井住友トラスト不動産

    税理士が親身に対応税務相談会を開催

    5月19日 新百合ヶ丘センター

     麻生区で唯一の信託銀行系不動産会社「三井住友トラスト不動産新百合ヶ丘センター」が5月19日(土)に税務相談会を開催する。相談無料で完全予約制。時間は午前10時...(続きを読む)

  • 沿線求人サイトを開設

    小田急電鉄

    沿線求人サイトを開設 社会

    企業と住民、橋渡しへ

     小田急電鉄(株)が小田急線沿線に特化した求人情報のウェブサイト「エンセンワーカー」の運用を、今月12日に開始した。 地元で働きたい住民...(続きを読む)

  • 多摩・麻生で33商品

    かわさき名産品

    多摩・麻生で33商品 経済

    新規認定は12商品

     川崎の観光振興や魅力PRを掲げた「かわさき名産品」を市が先月公表し、今年度は多摩区と麻生区で新規12商品を含む33商品が認定された。市全体では新規44商品、更...(続きを読む)

  • 麻生が女子の部V

    ライオンズ杯

    麻生が女子の部V スポーツ

    決勝 多摩との接戦制す

     多摩、麻生、宮前、高津4区の代表が頂点を競う「ライオンズクラブ杯争奪学童軟式野球大会」が今月14日、高津区の瀬田少年野球場などで開催。シスターの部(女子)で麻...(続きを読む)

  • こいのぼりで集いの場に

    こいのぼりで集いの場に 文化

    麻生区白山

     麻生区白山にある特別養護老人ホーム「ラスール麻生」と隣接する児童福祉施設「白山愛児園」では、不要になったこいのぼりの提供を呼びかけている。...(続きを読む)

  • 栃木戦に9千人超

    サンダース

    栃木戦に9千人超 スポーツ

    27、28日は東芝イベントも

     バスケットボールB1の川崎ブレイブサンダースは4月20日と21日、前年王者の栃木ブレックスと本拠地とどろきアリーナで対戦。昨年5月のチャンピオンシップ決勝で惜...(続きを読む)

  • 163校、10月9日に休み

    川崎市立校

    163校、10月9日に休み

    「家庭と地域の日」で4連休

     川崎市立の学校に、夏休みなど休業日を分散化して平日に休みを設ける「かわさき家庭と地域の日」が今年度から初導入される。政府が進める働き方・休み方改革の一環。原則...(続きを読む)

  • 中学校給食「おいしい」8割

    市政報告

    中学校給食「おいしい」8割

    川崎市議会議員 自民党 ひろた健一

     2018年度が始まり、私は環境委員会の委員長に就任しました。環境局、港湾局、上下水道局、交通局を所管している環境委員会では、市民生活に身近な内容を扱っています...(続きを読む)

  • 交流生む つるし飾り

    生田団地

    交流生む つるし飾り 文化

    端午の節句、初展示

     生田団地自治会(井上佶会長)の集会所で今月13日、端午の節句に合わせて住民らが製作した「つるし飾り」の展示が始まった。こいのぼりや柏餅など、手づくりの人形が並...(続きを読む)

  • 授与式、決意新たに

    郷土賞大賞

    授与式、決意新たに 社会

    多摩川エコミュージアム

     国土交通省主催の2017年度「手づくり郷土(ふるさと)賞」で、大賞に輝いたNPO法人多摩川エコミュージアムと川崎市への認定証授与式が今月10日、市役所で行われ...(続きを読む)

  • 170匹 春風に泳ぐ

    170匹 春風に泳ぐ 文化

    五反田川で11年目

     生田地区を流れる五反田川に今月8日、毎年恒例のこいのぼりが飾り付けられた。今年は五反田自治会(吉田輝久会長)が10匹を新調し、例年より多い170匹が春風になび...(続きを読む)

  • 一日署長に小田島君

    下布田小

    一日署長に小田島君 教育

    署員らと安全呼びかけ

     春の全国交通安全運動に合わせたキャンペーンが今月13日、登校時の下布田小学校で行われ、同校の小田島匠君(4年)が一日警察署長を務めた。...(続きを読む)

  • アシカ、松竹とコラボ

    アシカ、松竹とコラボ 文化

    よみうりランド

     よみうりランドで4月28日(土)から5月6日(日)の土日祝日、松竹芸能プロデュースによるお笑い芸人とアシカのコラボレーションショー「アシカ・笑(しょう)5〜桃...(続きを読む)

  • バザーで被災地支援

    バザーで被災地支援 社会

    5月5日、生田緑地そば

     震災復興支援を掲げたチャリティーイベント「ぴあハウスバザー」が、5月5日(土)に生田緑地そばの町山家ガレージで開催される。午前9時から午後3時、小雨決行。...(続きを読む)

  • 22の井戸 活用学ぶ

    22の井戸 活用学ぶ 社会

    無料講座

     かわさきの安全でおいしい水道水を守る会(町井弘明代表)が4月23日(月)、学習会「災害時の川崎市民の水確保は大丈夫か」を開催する。多摩市民館4階第4会議室で午...(続きを読む)

  • 年9回の盆栽教室

    年9回の盆栽教室 文化

     川崎市緑化センターの年間講習「盆栽教室」が5月からスタートする。同センターでは現在、受講生を募集している。 昨年度は年4回だった教室を...(続きを読む)

  • あっとほーむデスク

    記者が見た、聞いた、感じた、を伝える

    あっとほーむデスク

    4月20日0:00更新

     小さいころ折り紙や粘土など手先を使う遊びが好きで、祖母から手芸を教えてもらった時のこともよく覚えている。初めて作ったのは水色の不格好な手提げカバン。少しでもか...(続きを読む)

  • 松井 隆一さん

    NPO法人多摩川エコミュージアムの代表理事を務める

    松井 隆一さん

    麻生区在住 75歳

    次世代へ、みなぎる思い ○…二ヶ領せせらぎ館を拠点に多摩川の自然や歴史を伝承する「多摩川エコミュージアム」の代表に、昨年7...(続きを読む)

  • 「老化」 街路樹に新計画

    「老化」 街路樹に新計画 社会

    市、指定8路線を重点整備

     高齢木の増加で倒木や通行障害などが生じている街路樹を整備しようと、川崎市は初の管理計画を打ち出した。根上がりが連続している市内7区の8路線を「更新・撤去候補路...(続きを読む)

  • 今週末は野毛大道芸

    今週末は野毛大道芸 文化

    パフォーマー全40組

     ジャグリングや中国雑技、パントマイムをはじめ、国内外のトップパフォーマーが一堂に集まる第43回野毛大道芸が4月21日(土)と22日(日)、野毛地区周辺で行われ...(続きを読む)

  • きょう、栃木と激突

    サンダース

    きょう、栃木と激突 スポーツ

    今季ホーム戦 残り4試合

     バスケットボールB1・川崎ブレイブサンダースは4月14、15日の三遠ネオフェニックスとのアウェー戦で2連勝を飾った。36勝17敗とし、順位は東地区3位。...(続きを読む)

  • 「トライアスロン普及を」

    「トライアスロン普及を」 スポーツ

    市協会、東京五輪へ意欲

     川崎市トライアスロン協会(嶋崎嘉夫会長)の2018年度総会が今月1日、川崎市国際交流センターで行われた=写真右。 同協会の主な活動は、...(続きを読む)

  • 新たに2商店会、33店

    エコポイント

    新たに2商店会、33店 経済

    多摩区全体へ拡大めざす

     買い物袋持参などでポイントがもらえる「エコポイントカード」の協力団体として、今月から2商店会が参加。33店舗が加わった。多摩区商店街連合会の協力のもと、運用す...(続きを読む)

  • 「民泊」 住宅街で可能に

    「民泊」 住宅街で可能に

    市、制度周知し安全確保へ

     住宅で宿泊事業を行う「民泊」の新法施行により、全国の住居専用地域で民泊が開設できるようになる。川崎市は区域や日数に制限を設けず取り組む方針だが、制度の市民周知...(続きを読む)

  • 初の女性、13人迎え始動

    多摩消防団

    初の女性、13人迎え始動 社会

    広報など活躍に期待

     発足から今年で50年を迎える多摩消防団(井田哲芳団長)に初めて女性団員が誕生した。今月7日に多摩消防署で辞令交付式が行われ、井田団長から辞令を受けた。...(続きを読む)

  • 平成30年度税制の解説と2022年問題(生産緑地)対策

    無料セミナー

    平成30年度税制の解説と2022年問題(生産緑地)対策

     1992年(平成4年)に生産緑地として指定された農地が2022年に30年を迎える。同制度では30年で無条件に指定の解除ができるため、解除をした場合の遡り課税等...(続きを読む)

  • 防犯アプリを配信

    川崎市

    防犯アプリを配信 社会

    犯罪情報、地図に表示

     川崎市が市内で発生した犯罪、不審者情報などを知らせる防犯アプリ「みんパト」の配信を先月23日から始めた。 市民が犯罪や事件に巻き込まれ...(続きを読む)

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク