海老名版 掲載号:2014年10月3日号

自宅を改築し「学童保育とまとクラブ」に場所を提供した

佐藤 千津子さん

社家在住 65歳

「私には一生懸命しかない」

 ○…「コツコツと貯めてきたお金もこれでパーッと使いましたよ。自分の家を子どもたちのために提供できるなんて、こんな嬉しいことはないです」と豪快に笑い飛ばしながら会話を続ける。自宅を改築することにも悩みは無かった。ただ一言「じゃ、やっちゃおっか」。間をおかずに口から出てきたのはこの言葉だけだ。「言っちゃったから引くに引けない状況だったのよ」とまた大笑い。

 ○…海老名運動公園近くの喫茶店のオーナーで一番の特長はズバ抜けたトーク力。利用している方たちが初対面同士であろうと帰る時には友達のような感覚で店内はいつも笑顔に溢れている。「たまに私がうるさすぎて怒られることもありますが。私からしゃべりを取っちゃダメなのよ」と周りの人もうなずく。

 ○…ひとり親家庭の集まり母子寡婦福祉会の会長としても活躍する。自身も母子家庭として、3人の子どもを育てあげた。子育てエピソードをあげればキリがない。絵本の読み聞かせは小学6年生になっても続き、中学生からは英語でやろうと意気込んでいたが、子どもが「お母さんもう良いよ」と断念。「寂しくなったので犬に読み聞かせましたよ。反応が無くてまったく面白くなかったけど。『ボロは着てても心は錦』そんな精神で過ごしてたわね」

 ○…子育て中の仕事は保育園の調理師。頭の上にはコック帽を被るイメージをしながら「一流」の料理を子どもたちに提供。「子どもたちは美味しくないものは必ず残す。絶対に手を抜かず真剣に作っていました。それでも私の料理は2番。1番美味しいのはお母さんの料理なのよね」

 ○…活動はまだまだ続く。15年続く「レーベンフロイデ合唱団」の団長や年末の風物詩「第九」を歌う会にも所属。1週が7日間では足りない忙(せわ)しない日々で、どんなことでも果敢に挑戦する姿は”レーベン(生き様)フロイデ(魂の喜び)”の言葉が良く似合う。

海老名版の人物風土記最新6件

杉崎 賢二さん

「えび〜にゃさいだぁ」を開発・製造する合同会社えびくらの代表社員を務める

杉崎 賢二さん

1月20日号

八木 正志さん

北海道苫小牧市の公用車となった「福祉バイオトイレカー」を発明した

八木 正志さん

1月13日号

牧田 朋子さん

2017年海老名市成人式実行委員会の委員長を務める

牧田 朋子さん

1月6日号

今泉 直人さん

「(公社)海老名青年会議所」(海老名JC)の第37代理事長に就任した

今泉 直人さん

1月1日号

岡村 有香さん

海老名市消防団で初の女性団員として活動する

岡村 有香さん

12月16日号

武井 哲也さん

海老名市園芸協会「苺部会」の会長を務める

武井 哲也さん

12月9日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

海老名版の関連リンク

あっとほーむデスク

海老名版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

28日に合唱のつどい

28日に合唱のつどい

有馬中合唱部も出演

1月28日~1月28日

海老名版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

海老名版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月19日号

お問い合わせ

外部リンク