ホーム > 箱根・湯河原・真鶴版 > ローカルニュース > 小田原でも測定中

箱根・湯河原・真鶴

小田原でも測定中

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
コンパクトサイズの簡易測定器。取材した17日午後1時の測定結果は毎時0.05マイクロシーベルトだった
コンパクトサイズの簡易測定器。取材した17日午後1時の測定結果は毎時0.05マイクロシーベルトだった

 神奈川県は13日から簡易型の放射線測定器を小田原市荻窪の小田原合同庁舎に導入し、ホームページ上で測定結果を公表している。

 県西2市8町による「モニタリングポスト」設置の要望を受けて、その代わりに配備されたもの。他に足柄上、県央地域に配置された。

 モニタリングポストは放射線を連続的に観測するもので、国が原則、県内一カ所に設置。県内では茅ヶ崎、そして原子力の関連施設がある川崎、横須賀に設置されている。

 小田原合同庁舎では平日の午前9時と午後1時の一日2回、安全防災課の職員が敷地内の駐車場で測定する。地上1メートルの高さで測定することになっているという。測定する職員は「これで県民の皆さんに安心してもらえるなら」と話していた。
 

関連記事

powered by weblio


箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野