箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2012年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

2年ぶり炎踊る 仙石原で火入れ

消火具を手に見守る関係者
消火具を手に見守る関係者

 箱根町仙石原で、ススキ草原を保つための火入れが14日に行われた。昨年は震災の影響で中止となったため、実施は1年ぶり。平成元年から続く行事で、今年は雪や雨の影響で当初の3月2日の予定日から2回延期した。この日は消防関係者など190名が集まり、バーナーで2回に分けて点火。「1年ブランクがありススキの本数も多く例年よりうまく燃えた」(町観光課)。炎はバチバチと踊るように広がり、約23ヘクタールの草原を黒一色にした。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク