箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2012年4月6日号
  • googleplus
  • LINE

県道が大河のように オレンジマラソン3千人駆ける

湯河原小前からオレンジラインを目指す
湯河原小前からオレンジラインを目指す

 湯河原町で先月25日にオレンジマラソンが開催され、3千人の足音が県道75号線に響き渡った。昨年は震災の影響で中止、2年ぶりとなった今回はゲストランナーとして箱根駅伝で活躍した明治大学体育会競走部の大江啓貴選手(5区)や廣瀨大貴選手(6区)が参加。冨田幸宏町長とともに同大学の西弘美監督や関東学生陸上連盟の靑葉昌幸会長も歩道橋からエールを送った。スタート地点の湯河原小学校前は縫いぐるみ姿も含む大勢のランナーがひしめき合い、そして号砲。沿道からは盛んに「頑張れ」の掛け声が降り注ぎ、ランナーたちは力を振り絞るように続々とゴール、10キロの部では桜井史さん(御殿場小野園・41歳)が最短タイム34分24秒でゴールに駆け込んだ。今回の参加者のうち最高齢は5キロの部の宮田保之助さん(88)だった。
 

歩道橋からエールを送った明治大の選手(左2名)と西監督(3人目)、靑葉関東陸連会長(4人目)冨田町長(右隅)
歩道橋からエールを送った明治大の選手(左2名)と西監督(3人目)、靑葉関東陸連会長(4人目)冨田町長(右隅)

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク