箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2012年7月6日号
  • googleplus
  • LINE

紺色の実たわわに 湯河原産ブルーベリー

重くなった枝を持ち上げ、粒の出来を確かめる力石さん
重くなった枝を持ち上げ、粒の出来を確かめる力石さん

 湯河原町吉浜の力石康之さん(69)の畑で数十本のブルーベリーが結実し、紺色へと色づき始めている。ブルークロップと呼ばれる品種で、「収穫が楽だから」という理由で20年ほど前に植えたという。毎年力石さんの畑だけで600kgほどを収穫、湘南地域や横浜など首都圏の個人向けに出荷している。収穫期は8月でまだ実はかなり酸っぱいが、ヨーグルトにも入っているおなじみの香りが口に広がった。

湯河原町観光協会ではこの地元産ブルーベリーを材料にしたジャム作り体験も企画。7月18日と8月1日で、参加費は3千円。JAかながわ西湘女性部湯河原支部のベテランの指導でジャムを作り、お土産として2瓶分を持ち帰ることができる。詳しくは【電話】0465・63・5599まで。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク