箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

箱根登山鉄道の新車両 足元に絶景広がる

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena
新型車とデザイナーの岡部氏 =14日・入生田車庫で
新型車とデザイナーの岡部氏 =14日・入生田車庫で

 箱根登山鉄道の新車両3000型が14日、入生田の車庫で発表された。新型デザインは赤い車両の2000型導入から25年ぶり。

 車体は緋色などを調整した「バーミリオンはこね色」とシルバーの組み合わせ。車内には前後に運転台があり、1両だけで運転できる。中央には対面シートを配置し、一部のシートをはね上げ式にして混雑を緩和する。運転席付近は展望性を重視。ドア付近は足元まで車窓が広がっており、箱根の自然がダイナミックに流れそうだ。この日公開された1両のほか、8月にもう1両を運び込み、9月に試運転、11月1日からの営業運転開始を予定している。

乗る人たちは何が大切か

 デザイナーは白いロマンスカーVSEや青いMSEも手掛けた岡部憲明氏。富士宮出身、少年時代は鉄道模型が好きで東京の鉄道博物館に通った思い出も。建築家として、関西国際空港のターミナルや東京ベルギー大使館(千代田区)なども設計している。

 車両デザインでは「乗る方達にとって何が大切なのか、本質なのかゼロから考えた」という岡部氏。何度も登山鉄道に乗り箱根らしさを見極めた結果、乗客が箱根の自然と一体化する斬新なデザインに行き着いた。「建築や家具の分野の材や技術も導入してきた。クライアントの理解があったからできた」と振り返った。

展望窓が大きい
展望窓が大きい
座席に寄木も
座席に寄木も

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク