箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年3月13日号 エリアトップへ

閉館まであと半月・芦之湯フラワーセンター 「これで見納め」各地から人

経済

掲載号:2015年3月13日号

  • LINE
  • hatena
「ネットのニュースを見て来たが、閉館は寂しい」ガジュマルを見上げる江戸川区の親子
「ネットのニュースを見て来たが、閉館は寂しい」ガジュマルを見上げる江戸川区の親子

 箱根芦之湯のフラワーセンターが今月末に閉館することになり「新聞やネットを見た」という観光客が各地から訪れている。同館は1988年に誕生しピーク時の1993年には年間16万人が訪れたが、その後2013年には1万7千人に減少。町と指定管理者の観光協会で閉館を決め、昨年末の議会で正式に閉館が決まった。

 現在民間企業への賃貸または売却が検討されているものの、館内には大型の熱帯植物がある。オープン時に奄美大島から運ばれてきた太さ3・5m・樹齢約200年のガジュマルの巨木やパイナップル、バナナなどは閉館以降にどうなるかが未定だ。標高の高い場所にある同館では寒い日にボイラーを焚くなどして室温を24時間、12℃以上に保ってきた。こうした燃料代などもセンター運営の重荷となった。町観光課は「生かして移設できるものはそうしてやりたい」と打ち明ける。

 同館では今月末まで館内で育てたベゴニアなどを販売。「大輪が咲いて見応えがある。入場無料なのでぜひ見に来てほしい」と話している。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク