箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年6月12日号 エリアトップへ

湯河原・福浦育ちペン握るエンターテイナー

文化

掲載号:2015年6月12日号

  • LINE
  • hatena
北原ミュージアムの階段を埋め尽くす作品(撮影:寺司正彦氏)
北原ミュージアムの階段を埋め尽くす作品(撮影:寺司正彦氏)

 白い壁にびっしり描かれた人やビル、動物たち。思わず引き込まれる壁画の作者は、湯河原町福浦出身の高橋信雅さん(42)。世界はこんなに面白いと言わんばかりに、下書きもなくペンを走らせる。これまで手掛けた作品は広告や自販機の外装、CDジャケットと化し、作品は北原ミュージアム(河口湖)などで観る事ができる。

 

 坂が多く、段々畑のような土地に家々が肩を寄せ合う福浦。高橋さんの作品にはどこか故郷の風景に通じるものがある。福浦小学校時代から絵は描いていたが、絵画展ともなれば木材に描いて作った「地獄絵図」を提出。竹林に生える竹を曲げて縛り「恐竜」を作るなど小さな頃から芸術家肌だったらしい。「自然の中で育ったのは貴重な経験です。微妙な味、色の差などに気付けるようになりました」。デザイン学校に通っていた20年ほど前にフリーランスで活動を開始。今は製作のため東京と地方、海外を行ったり来たり。

 

5月5日には二子玉川の商業施設で「みんなで笑顔の世界を作ろう」をテーマに、子どもたちとと巨大イラストを完成させるイベントに加わった。大きな白いキャンバスを前に、高橋さんが手にしたのは真っ白いペン。子どもたちが壁に笑顔を描くうちに、その下地にもうっすらと笑顔が描かれているのに気づく仕掛け。驚く顔が嬉しくてたまらない。敷居の高い芸術家ではなく、エンターテイナーだ。

二子玉川のイベントでペンを振るう(5月・齋藤寛さん撮影)▶
二子玉川のイベントでペンを振るう(5月・齋藤寛さん撮影)▶
「描く時は何も考えません。何もしていない時よりもリラックスしてます」。2005 Photo by Mitsuho
「描く時は何も考えません。何もしていない時よりもリラックスしてます」。2005 Photo by Mitsuho

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク