箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年6月12日号 エリアトップへ

ハンディキャップ乗り越え 吉浜でロングライド

スポーツ

掲載号:2015年6月12日号

  • LINE
  • hatena
座った体勢から後ろ足で立ち上がり波を滑る映伍君
座った体勢から後ろ足で立ち上がり波を滑る映伍君

 湯河原の吉浜海岸で7日に日本サーフィン連盟湘南西支部主催の「SEISHINCUP」が開かれ、国内各地から230人が集まり技を競い合った。地元湯河原かはら20人ほどがエントリー。シニアクラスの部では全日本大会出場経験者でサーフショップを経営する宗政利夫さん(43)が制限時間ぎりぎりまで波を追い、40人中2位に入った。

 ビギナー中心のクラスでは茅ヶ崎の田中映伍君(11)がサポート役の大澤英樹さんと沖に出た。映伍君は生まれつき両腕がないが、水泳の経験もあり1年前からサーフィンを開始。父・一郎さんもサーファーで「消極的に育てたくない」と後押しした。今回が初の大会出場だったが、打ち寄せる波に耐えながらボードに座り、大澤さんの後押しで波を滑走。波打ち際までのロングライドを何度も決め、2回戦に進出。映伍君は「怖くない。スピード感が好き」と笑顔を見せていた。

2位入賞の宗政さん(湯河原)
2位入賞の宗政さん(湯河原)

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク