箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

箱根湯本 駅近くでも乱舞 地元の愛護会が尽力

社会

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena
21日夜は10頭ほどが飛んだ
21日夜は10頭ほどが飛んだ

 湯本駅近くの「ほたる公園」で今年もゲンジボタルが舞い始めた。夜になると早川隣の水路で呼吸をするように緑色の光が明滅し、散歩する観光客が驚きの声をあげていた。

 長年公園を世話しているのが、地元のほたる愛護会だ。定期的な水辺掃除などは虫よけスプレーが使えず、体中蚊にさされるのは覚悟の上。メンバーのひとり、米山雄二郎さん(44)は、日大の生物資源科学部で学んだ知識などを生かし、地元のホタルを復活させるべく同会の技術普及員を務めている。「ホタルは光りながら飛ぶ姿が注目されますがそれだけじゃない。餌を捕って、干からびず、クモや鳥などにも食べられず…幼虫の頃から幾多の試練を乗り越えているんですよ」。

 いま課題になっているのは水路を荒らすイノシシだ。石の裏にいるミミズを探しているらしく、水路の水を流出させ、メンバーが急いで修復した事もある。

 こうした状況もあり、米山さんは経営する湯本の旅館の敷地にホタル用水路を作った。水底にはホタルの幼虫が食べるカワニナの稚貝もあり、幼虫がサナギになる土手もある。公園での「万が一」を考えた方策だった。「ホタルを見た子供たちの喜びようは半端じゃない。やってて良かったと思います」。今年はイノシシの件もあり多くの飛翔は見込めないが、今年も6月上旬に見頃を迎えそうだ。

旅館の水路でホタルを育てる米山さん。幼虫の餌になるカワニナもいる
旅館の水路でホタルを育てる米山さん。幼虫の餌になるカワニナもいる

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク