箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

15年ほど前に廃業 湯河原 富士屋旅館再生へ

経済

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena

 湯河原町宮上の老舗旅館、富士屋旅館(廃業)を来年4月に営業再開させるプロジェクトが6月から始まる。かつて文人に愛された温泉風情を留める建物で、再生が成功すれば”湯河原ブランド”にとって大きなプラスとなりそうだ。

 同旅館は江戸時代の創業とされ、客室数は17室。庭は江戸期のもので、建物の一部が明治期に建てられた。15年ほど前に廃業し旅館前が長年立ち入り禁止となっていた。再生のカギとなったのが政府系ファンドのREVIC(地域経済活性化支援機構)と横浜銀行。両者による合同会社が前所有者から物件を買い取り、飲食店や宿泊施設を手掛ける際コーポレーション(東京都目黒区)が運営する計画。

 「美食」や「オーベルジュ」をコンセプトにした旅館を目指し、老朽化した建物の修繕なども行う予定。一連の事業では、REVICや浜銀などからの投融資約10億円を活用する。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク