箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年3月23日号
  • LINE
  • hatena

ユネッサン 芦ノ湖を飛ぶ感覚 バーチャルリアリティの装置

文化

丸い目のように見えるのは飾り
丸い目のように見えるのは飾り

 ユネッサンの「神々のエーゲ海」で10日、謎の黒いマスクをかぶった少年たちがゆらゆらと水面に浮いた。息をしながらバーチャルリアリティ画面が観られるヘッドセットで、(株)ロッキンプール(東京都)が開発した製品。ドローンで撮影した箱根湯本や芦ノ湖の上空の画像が広がり、凧になった気分になれる。顔の向きや体の動きに合わせて景色も360度移り変わり、水面に浮く感覚も下界からの上昇気流のように感じるのが不思議だ。海老名市から訪れた鈴木康太君(12)はマスクを外し「飛んでた。苦しくはない」と目を丸くしていた。ユネッサンでは5月12・13日にもこの企画を予定している。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

ポタリエに小学生招く

箱根湯本〜強羅開業100年を記念し

ポタリエに小学生招く

4月19日号

同世代の仲間作って

食べて頑張って

食べて頑張って

4月19日号

ハンモック無料で貸出

27日(土)〜5月6日(月) ポーラ美術館

ハンモック無料で貸出

4月19日号

ロボが箱根をご案内

湯本駅改札に登場

ロボが箱根をご案内

4月19日号

寄付

寄付

4月19日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク