箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

箱根で製作「還り雛」 海越えボストンへ

社会

還り雛を前に説明する細田さん
還り雛を前に説明する細田さん
 東日本大震災でいまだ行方不明となっている人々に思いを馳せて作られた「還り雛」が、4月29日に米国ボストンで展示された。還り雛は箱根のチーム糸へん・勝手に応縁隊(茂村ひとみ代表)のメンバーが作ったもので、雛づくりの拠点となっている星槎箱根キャンパスを訪れていた細田満和子星槎大教授が、ボストンでの「日本祭り」で展示することを提案。細田さんのほかに4人の「応縁隊サポーター」が協力し、行方不明者の約1割にあたる250体を現地に運んだ。会場には英語による還り雛の説明を掲示。メンバーは着物や浴衣姿で傍に立ち「ここにあるの雛は行方不明者の数の10分の1」と伝え、来場者は真剣に見入っていたという。当日は現地の住民たちの手で募金箱が作られ、早速寄付金も寄せられた。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

歌謡祭満員御礼

湯河原中OBの柳家睦さんら企画湯河原に笑顔を!

歌謡祭満員御礼

5月11日号

小泉元首相が視察

花園見頃に

例年よりも開花早く

花園見頃に

5月11日号

19・20 曽我の傘焼きまつり

「双の掌に小さき象牙の聴診器ぬくめて昭和の女医なりき母」

商店街の一角に登場

小田原城で撤去のメリーカップ

商店街の一角に登場

5月11日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月11日号

お問い合わせ

外部リンク