箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年5月11日号
  • LINE
  • hatena

箱根で製作「還り雛」 海越えボストンへ

社会

還り雛を前に説明する細田さん
還り雛を前に説明する細田さん
 東日本大震災でいまだ行方不明となっている人々に思いを馳せて作られた「還り雛」が、4月29日に米国ボストンで展示された。還り雛は箱根のチーム糸へん・勝手に応縁隊(茂村ひとみ代表)のメンバーが作ったもので、雛づくりの拠点となっている星槎箱根キャンパスを訪れていた細田満和子星槎大教授が、ボストンでの「日本祭り」で展示することを提案。細田さんのほかに4人の「応縁隊サポーター」が協力し、行方不明者の約1割にあたる250体を現地に運んだ。会場には英語による還り雛の説明を掲示。メンバーは着物や浴衣姿で傍に立ち「ここにあるの雛は行方不明者の数の10分の1」と伝え、来場者は真剣に見入っていたという。当日は現地の住民たちの手で募金箱が作られ、早速寄付金も寄せられた。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

北条氏紋付早雲デニム

「シアワセノツカイ」

籐が泳ぎだす

「シアワセノツカイ」

11月30日号

北条に「松本零士限定ラベル」

ダイナウエスト花の作品展示

沿道ボランティア初の公募

ウェアや帽子などを支給 箱根駅伝

沿道ボランティア初の公募

11月30日号

生分解性ストロー導入

富士屋ホテルチェーン

生分解性ストロー導入

11月30日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク