箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

【箱根】 固定資産税の超過課税 町は継続の考え

社会

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena

 箱根町が現在実施している固定資産税の超過課税を延長する考えを示した。7月に町が発表した財政に関する資料によると、町財政は2019年度から5年間、平均約5億円の不足が見込まれ、その対応策として固定資産税の超過課税継続を「最も望ましい」と結論づけた。継続についての議案は早ければ9月議会に提出される見込み。

 町は今年度までの期限つきで、通常の税率に0・18%を上乗せした1・58%の超過課税を適用してきた。これに加えて行財政アクションプランを実施したが、その効果を見込んでも平均5億のマイナスが生じることが明らかになったという。

宿泊税も検討へ

 さらに分析によると、6年後の2024年度から2027年度までの間はマイナスが平均8・8億円に拡大することも予測されており、現状の超過課税比率だけでは補填しきれなくなる。そのため、町は観光地ならではの「宿泊税」導入に向けた検討などを挙げた。宿泊税は京都や大阪、金沢での導入が知られているが、宿泊業界のみに負担を求めることに批判の声もある。年間2千万人の観光客の多数を占めるのは日帰り客であり不公平、というものだ。このほか入湯税を増やす案なども検討されたが「税の使用目的が限られており財源不足の補填には有効ではない」というのが見解だ。道路に関所のような徴税ポイントを設けるといった案も「実現は困難」(担当課)という。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク