箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年8月24日号 エリアトップへ

「白タク」大涌谷で注意喚起 県内では初  20台に個別啓発

社会

掲載号:2018年8月24日号

  • LINE
  • hatena
白タクと思わしき車両の運転手に質問する警察官ら
白タクと思わしき車両の運転手に質問する警察官ら

 大涌谷駐車場で7月26日、県内初の白タク行為の防止に関する啓発活動が行われた。国土交通省関東運輸局と神奈川運輸支局、警察官、県タクシー協会員ら37人が4班に分かれて行動。白タクと思わしき車両の運転手と搭乗者に白タク防止のチラシやボールペンなどを配り、2時間で20台に注意を呼びかけた。

 白タクとは「白ナンバーのタクシー」。有償で旅客を自動車等に乗せ、目的地まで送る等の行為は、国土交通大臣の許可を受けなければならない。許可されているタクシーなどは緑ナンバーだが、不許可のものは白ナンバーで行為を行っていることが多いため、昔から「白タク」と呼ばれてきた。利用するのは外国人観光客が多いという。

 特徴は、品川、多摩、川越、成田などの県外ナンバーの高級ワンボックスカー。ナンバーも特徴的で例えば「33-33」などの並びや、「82-28」などの左右対称ナンバーが多い。これは、外国人観光客を空港で迎える際、わかりやすくするためだという。

 この日、声をかけたドライバーの多くは中国人や台湾人。運輸局職員や警察官が「後ろに乗せている方とはどういう関係ですか」と問うと、運転手は「友だち」や「海外旅行先で仲良くなった家族」などと答えていた。県タクシー協会小田原支部加盟会社の運転手で外国語がわかる人は、乗客に対し啓発活動をやっている旨を説明していた。

 関東運輸局では今年の4月、予め小田原周辺で調査を行い、白タクと疑わしい車両がいることや台数まで報告を受けており、今回はじめて注意喚起活動に乗り出した。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク