箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年9月21日号 エリアトップへ

地元で広がれ ヨーヨーの輪

文化

掲載号:2018年9月21日号

  • LINE
  • hatena
昭和生まれの人の中は、よく遊んだという人も多いはず。今もなお進化を遂げるヨーヨーの奥深さに魅了された青年が湯河原で静かに練習を重ねている。
昭和生まれの人の中は、よく遊んだという人も多いはず。今もなお進化を遂げるヨーヨーの奥深さに魅了された青年が湯河原で静かに練習を重ねている。

 北村樹さん(20)が小田原駅近くのUMECOで「練習会」を始めたのは1年ほど前。会議室を覗くと種類のヨーヨーが用意され、若者たちが黙々と技を磨いていた。ネットを通じて呼びかけると毎回10人〜20人ほどが集まり、遠くは世田谷や他県から参加する人も。北村さんはその魅力を「教えたり教えられたり、お互い高めあえること」と語る。お気に入りの曲をバックに、技を続けて披露する様子はさながらコンテストだ。手首のスナップを効かせて放ったヨーヨーは意志をもったように空中を動き、糸の存在を忘れさせる。

 昔のヨーヨーに比べると分解がしやすくなり、ベアリングが内蔵されているせいか回転がいい。ピンと張った糸の上に載せるなど複雑な技も増えた。大会ではあやとりのように複雑な形をつくる「ワンハンドストリング」や両手を使った部門など分かれており、それぞれ魅せ方も違う。北村さんの持ち技のひとつはヨーヨーで空中に輪をつくり、その中に手を突っ込む「ドラゴンズダイブ」。今年から大会にも出場し始め、得点よりもパフォーマンス重視で会場を盛り上げた。目標は「ランシットミルク」という高度な技。練習でヨーヨーが体にぶつかり、痛い思いをすることも。

「いつか湯河原でも披露したい」

 ヨーヨーに出会ったのは小学6年生の頃。持っていた友人に触らせてもらい、少しずつ技を増やしていった。当時から手先が器用で、厚木中央高等学校の工業科を卒業。今は小田原市のゲームセンターで接客に携わる。年配の来場者も多く、メダルゲームやルーレットなど遊び方を教えることもしばしば。「何かが当たったり外れたり、一緒に喜び合える」と、仕事とヨーヨーは重なる部分が多い。普段は小田原での練習会のほか、渋谷、沼津などでの練習会にも顔を出す。湯河原町内での自主錬はハンディ近く公園が定番。芝生があり、ヨーヨーを落としても傷がつきにくいというのが理由だ。町内のイベントで披露したことはないものの「いつかは地元で」と意気込む。※次の練習会は9月24日(祝)、正午頃からUMECOで開催

仲間が持ち寄ったヨーヨー
仲間が持ち寄ったヨーヨー

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク