箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2019年1月11日号
  • LINE
  • hatena

お腹はごみで一杯 つるの剛士さんデザイン

社会

手前には渋谷区のごみ、奥には湘南海岸のごみ
手前には渋谷区のごみ、奥には湘南海岸のごみ
 県西地域県政総合センターロビーに8日、ゴミが詰め込まれた魚オブジェが登場した。

 海に漂着するゴミの7割〜8割が街や川から流出している事実を伝えるため、清掃活動を行うNPOなどが企画したもの。

 魚型の半透明の強化プラスチック製容器はふじさわ観光親善大使・つるの剛士さんがデザイン。昨年初夏に渋谷区で回収したごみと、湘南海岸のごみを詰め込んだ。タイトルは「海の叫び魚(うおーーーー)」。

 県内では昨年夏、鎌倉市で見つかったシロナガスクジラの胃からプラスチックごみが見つかっており、県は微細に砕けたプラスチックごみの調査なども始めている。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月8日号

お問い合わせ

外部リンク