箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

湯河原町民で、オレンジマラソン10キロ女子30・40代の部1位となった佐藤 敦子さん湯河原町在住 48歳

走っていれば、きっと変わる

 ○…オレンジマラソンで最長コースとなる10キロ、100人を超えるランナーが競う部門でトップになった。カバンから大事そうに取り出した完走証には、初参加の99年から毎年タイムを削ってきた足跡が見て取れる。大勢のランナーが河のように走っているのに、遠くから「ジェイコー頑張れ」と声をかけられた。近くに勤務先のJCHO(ジェイコー)湯河原病院がある。顔見知りの患者さんか家族だったのか。「私が聞きとれていないだけで、一体どれだけの方々が応援して下さったんでしょう。勝手に走ってるのに」と肩をすぼめた。

 ○…出勤前の早朝に千歳川沿いを走るのが日課で、これまでフルマラソンのほか10時間かけて走る100キロマラソンも完走してきた。「これが限界」と思った事は数知れず。ポケットにお守りを忍ばせて大会に出るうちに「不調な時ほどいい結果が出る」と気づいた。冷たい雨に見舞われた今大会も振りかえると「湿気があって呼吸しやすかった」。最初は調子が上がらなくても、走っているうちに持ち直す事が多い。

 ○…逗子市出身。両親が業界新聞の編集者でカメラや原稿、大量の本に囲まれて育ち、文学少女だった横顔も。駆けっこはいつもビリ。「球技でもレシーブを頭で受けたり、マンガみたいに失敗しました」と笑う。体育が苦手でも地元水泳教室が開く5キロ遠泳だけは参加した。氷砂糖をなめながら仲間と海を泳ぎきった日を忘れない。

 ○…日本女子大では社会福祉の分野を研究、のめりこんだ道をまっすぐ進み、20年ほど前に旧湯河原厚生年金病院(現在のJCHO)に就職した。ソーシャルワーカーとして病院では患者や家族の悩みや心配を聞き取り、他の病院や専門家、町役場との絆をつなぐのが使命。長く勤めるなかで沢山の人間模様に出会った。家族が困難を乗り越えて再び一つになる姿などを垣間見て「これがやりがい」とも。伴走者でもある。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

小林 良夫さん

ゆがわらハロウィン2017優勝の大型衣装を作った

小林 良夫さん

11月17日号

石村 郁夫さん

ススキ草原の清掃を続ける仙石原温泉旅館組合で組合長を務める

石村 郁夫さん

11月3日号

藤田 直子さん

「インドア・ローイング」の国際大会に日本人でただ一人出場した

藤田 直子さん

10月20日号

兼子 栄司さん

第101代小田原警察署長に就任した

兼子 栄司さん

10月6日号

小林 和正さん

ゆがわらハロウィン2017の実行委員長

小林 和正さん

9月22日号

森 操さん

真鶴音頭岩音頭保存会会長を務める

森 操さん

9月8日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月17日号

お問い合わせ

外部リンク