多摩区版 掲載号:2011年10月21日号
  • googleplus
  • LINE

学生が米使って新商品 日本女子大 学園祭で販売

「私たちのアイデアを商品にしました」とメンバー(サクラボで)
「私たちのアイデアを商品にしました」とメンバー(サクラボで)

 日本女子大学の学生が区内の商店と協力して、米を使った新商品を開発し、あす22日(土)とあさって23日(日)に開かれる同大の文化祭「日女祭」で売り出す。オリジナルおにぎりと米粉を使ったスイーツが登場するという。

 商品開発に取り組んだのは、同大が西生田の商店街の一角で運営する地域交流スペース「サクラボ」で活動する学生13人。この取り組みは昨年に続いて2回目。

 メンバーは民間企業の農業体験プログラム「みんたば」の一環として米作りから挑戦。青森県内の農家に出向いて田植えから収穫まで携わった。

 手塩にかけて育ててきた米は試行錯誤を繰り返し、女子大生らしいアイデアを取り入れたオリジナルおにぎりや洋菓子、和菓子に変身。「ろまんのメヌエット」は中野島の洋菓子店「マリアツェル」の協力で米粉生地にりんごを入れたパウンドケーキに仕立てた。オリジナルおにぎりの具には地元西生田の商店と手掛けた鳥そぼろやアサリの佃煮などを採用。米粉を皮に使用し、ウサギをかたどった紅白饅頭も作った。

 メンバーのひとり、吉田涼香さん(現代社会学科1年)は「高校生だった昨年、学園祭でこの取り組みに興味を持って入学した。地元商店の人に交渉する時は緊張したが、いい人ばかりでいい商品が出来た」と話していた。

 メンバーはおにぎりやスイーツのほか、収穫した米に「日女の浪漫」と名付けて1キロ単位で販売する予定。日女祭の開催時間は両日とも午前10時から午後5時まで。販売会場は同大西生田キャンパス内屋外テント。
 

12月オープン!川崎寺子屋食堂

3月25日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6件

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク