多摩区版 掲載号:2016年6月17日号 エリアトップへ

一人親支援 メール周知 川崎市 利用拡大めざす

社会

掲載号:2016年6月17日号

  • LINE
  • hatena

 一人親家庭の支援施策の周知を広げようと、川崎市は6月27日からメール配信サービスを開始する。市が行う一人親家庭への支援策を広め、利用の拡大につなげるためで、市では周知用のカードを作成するなどサービス活用を促している。

 2010年の国勢調査によると、市内の一人親世帯は8304世帯。市による一人親家庭への実態調査(14年)では、市が提供する支援施策の周知が行き届いていないことが明らかになった。市が一人親世帯に向けた施策の認知度合いを調査したところ、寡婦(夫)が受けられる所得控除である寡婦(夫)控除の認知度合いが最も低く、市住宅支援給付相談センター事業やショートステイ(子育て短期利用事業)なども認知が低かった。

月1回 情報配信

 市では現在、ウェブサイトや小冊子で情報提供しているが、施策自体が浸透していない調査結果を受け、市はより効果的な周知方法を模索。メールマガジンの導入を決めた。同課では「一般的に一人親家庭は、親が仕事と子育てを両立するため余裕がない。そこに新しい情報を直接配信できるメールは効果的」としている。

 「ひとり親家庭応援メルマガ」は市が提供する支援施策や講座、イベントなどの情報を月1回ほど配信。市ウェブサイトの「メールニュースかわさき」から登録できる。市はメルマガ登録先や、相談窓口の連絡先を記載した名刺サイズのカードを3万枚用意し、区役所などで配布している。

 市こども未来局こども家庭課では「今回のメルマガ配信で、色々な支援施策や相談窓口があることを知ってもらい、利用につながれば」と期待を寄せる。

多摩区版のローカルニュース最新6

小1準備知る講座

小1準備知る講座 教育

市民館

5月7日号

手話や映像充実の興行へ

手話や映像充実の興行へ 社会

HEAT-UP 市ブランド事業

5月7日号

開館10年で400万人

藤子ミュージアム

開館10年で400万人 文化

5月7日号

登戸・遊園市民意見を

登戸・遊園市民意見を 社会

ビジョン案

5月7日号

「たまずん」新居で悠々

「たまずん」新居で悠々 文化

カワスイ展示中

5月7日号

職場環境改善を支援

職場環境改善を支援 経済

市、30万円まで補助金

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter