神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩区版 公開:2016年11月11日 エリアトップへ

読売巨人軍 稲城に「G(ジャイアンツ)タウン」構想 ファーム球場 新設へ

スポーツ

公開:2016年11月11日

  • LINE
  • hatena

 読売巨人軍は、現在のファーム球場「読売ジャイアンツ球場」(多摩区菅仙谷)に隣接する東京都稲城市に新たなファーム専用球場を新設し、商業施設も併設の「TOKYO GIANTSTOWN(仮称)」を建設する構想をこのほど、発表した。完成は2023年3月末を目指し、現在のファーム球場は、主に3軍のグラウンドとして使用する。

 巨人は「読売ジャイアンツ球場」に隣接する稲城市に4万1900平方メートルの土地を取得。稲城市の南山東部土地区画整理組合と土地売買予約契約を締結した。新ファーム球場は天然芝のグラウンド、LEDナイター照明6基、天然芝の観客席や外野スタンドのテラス席、デッキ広場などが備えられ、中堅122m、両翼99m。球場の隣には商業施設も併設し、野球観戦だけではない、地域の人々の憩いの場をイメージしている。

 建設予定地は南山東部土地区画整理事業地(約87ha)東側。敷地面積は4万1900平方メートルで、現在の読売ジャイアンツ球場・関連施設の約1・2倍となる。建設着工は関係機関との協議を踏まえ、2021年3月末に予定し、2023年3月末の完成を目指す。

 巨人はかつての多摩川グラウンド時代の練習風景をイメージ。新球場を若手選手育成の拠点に、野球を通じて多摩地区全体の地域振興に努める考えだ。久保博代表取締役社長は「新球場は、選手の育成と強化に取り組む場であるとともに、地域の方々が集い、野球を楽しんでもらう場にしたい。関係機関のご理解を得ながら、『TOKYO GIANTS TOWN』で、スポーツ振興による新しい街づくりに貢献したいと思います」とコメントしている。

多摩区・麻生区版のローカルニュース最新6

「川崎の名で初代王者へ」

NECレッドロケッツ

「川崎の名で初代王者へ」

市長に来季抱負語る

5月17日

輪島市に義援金250万円

多摩区菅町会

輪島市に義援金250万円

会員の寄付 現地へ届ける

5月17日

2400人を無料招待

藤子・F・不二雄ミュージアム

2400人を無料招待

市制記念日の7月1日に

5月17日

ごみアートの写真並ぶ

ごみアートの写真並ぶ

多摩区・せせらぎ館で

5月17日

日本とポーランドを描く

日本とポーランドを描く

5月27日 映画上映

5月17日

大開帳奉修始まる

大開帳奉修始まる

川崎大師平間寺 31日まで

5月17日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区・麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook