多摩区版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

(PR)

「あなたの家事力、仕事に活かせませんか」 かわさき暮らしサポーター

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は、高齢者の自宅で掃除や洗濯、調理のサポートといった家事の手伝いを求める人材「かわさき暮らしサポーター(暮らサポ)養成研修」を実施している。

 「『掃除や調理等、できない部分があるので手伝ってほしい』などちょっとした支援を必要とする高齢者が今、増えています」と同市。多くの市民の家事スキルが活かされることで、高齢者がいきいきと暮らせるという。

 「暮らサポ」になるには、最初に川崎市が指定する研修機関で1日程度の研修を受けることが条件。専門講師が仕事に必要な知識を「親切丁寧に教えてくれる」と受講者から好評だ。仕事開始までに「最初は先輩職員と現場訪問を行うので安心」(受講者)だとも。

 未経験者大歓迎。週1回からの勤務も可能なうえ、時間帯を選べる。定年後のちょっとした仕事としてもうってつけだ。

 申し込みは、市内指定研修機関へ。問い合わせはコールセンター(【電話】0570・040・114)。
 

多摩区版のピックアップ(PR)最新6

ラグビーでよく聞く「脳振とう」日常生活でも起こるの?

歯科で使う顕微鏡マイクロスコープとは?

パーキンソン病かどうかはどうやって判断できますか?

「空き家・古家」の賢い対処法

後悔しない相続対策の実例を学ぶ 無料セミナー

「空き家・古家」の賢い対処法

10月21日 会場=専修大学サテライトキャンパス

10月11日号

「肩こり」はいつものこと…でも、治療できるって本当?

多摩区でもサービス続々利用可能に

お出かけ健康アプリ「楽天シニア」

多摩区でもサービス続々利用可能に

区民祭(19日)のPRブースでは抽選会も

10月11日号

コツつかみ、歌える体へ

コツつかみ、歌える体へ

向ヶ丘遊園 まずは体験

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク