多摩区版 掲載号:2019年2月8日号
  • LINE
  • hatena

中野島 新多摩川ハイム 住民自作サイトで交流

社会

代表の山根さん(右)と西さん
代表の山根さん(右)と西さん

中野島駅北側に位置する全6棟の大型マンション「新多摩川ハイム」。737世帯に約2千人が暮らし、中央にある町会館や広場には地域住民が集う。そんな同マンションでは、住民によるボランティア団体がウェブサイト「ハイムのひろば」を運営。住民に向けた情報発信や、マンション内外の交流の場として広がりを見せている。

 サイトを制作、運営するのは「ハイムのひろばをつくる会」。マンションの管理組合から委嘱を受け、企画からデザイン、記事の作成まで全てを担っている。

 サイトは元々個人の手で作られていたが、存続していくために一昨年会を発足。ウェブサイトの自作経験があった西敏さん(69)を中心に、ほとんど初心者という50〜60代の住民ら十数人が集まった。「複数の人がどこからでも編集できる制作ソフトを使用。住民だからこそできる手作りの内容を考えた」と西さん。メンバーは勉強会を重ね、昨年4月にサイトをリニューアルオープンさせた。

 サイトにはマンション内のお知らせや19の同好会組織の紹介のほか、多摩区内のニュースや近隣の「お役立ち情報」、住民の芸術・文芸作品集、敷地内にある樹木の図鑑―と、多岐にわたる内容を掲載。講演会やフォトコンテストを開催するなど、サイトの枠を超えた活動にも取り組んできた。会の代表を務める山根昭郎さん(66)=人物風土記で紹介=は、「住民の手作りでこれだけ充実したサイトを運営しているマンションは珍しいと思う。住民でない人にも見てもらえるオープンな『ひろば』にしていきたい」と思いを話す。

 同サイトは【URL】http://heimnohiroba.com/で閲覧できる。

会の紹介ページ
会の紹介ページ

多摩区版のローカルニュース最新6件

のらぼう菜をキムチに

栽培名人と名物店コラボ

のらぼう菜をキムチに

5月17日号

民家園誕生の秘話、熱演

川崎郷土市民劇

民家園誕生の秘話、熱演

5月17日号

800種、満開に

ばら苑 26日まで

800種、満開に

5月17日号

野戸呂、世代超え交流

友風関「目指せ大関、横綱」

登校見守る一日署長に

生田小・村上さん

登校見守る一日署長に

5月17日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク