多摩区版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

菅稲田堤3丁目 「水門」 見学 安全求む 住民ら、市と意見交換

社会

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
三沢川沿いで水門の動きを確認する参加者(上)、水門開閉によって水の流れが変わる大丸用水=25日
三沢川沿いで水門の動きを確認する参加者(上)、水門開閉によって水の流れが変わる大丸用水=25日

 令和元年東日本台風で浸水被害を受けた菅稲田堤3丁目の住民の要望を受け、3月23日と25日、多摩区道路公園センターによる大丸用水水門操作見学と意見交換会が開かれた。近隣住民や地元議員らも含め、2日間で延べ67人が参加。今後の水害に備え、対策の進ちょく状況を確認した。

 一昨年の三沢川周辺の浸水については、大丸用水等の水路からの越水が要因の一つに挙げられている。当時、大丸用水の水門は開口状態で、「三沢川の水位上昇で一時的に水路への逆流が発生していた可能性も否定できない」という検証結果も。大丸用水の水門に対し、市と県はポンプ施設の設置や水門改修等に取り組んできた。

 今回は、水門開閉の動きを見学。水門が閉じた状態でも、三沢川の水位が低い場合には水門の6つの「窓」から水が流れ、逆流しない仕組みになっていることを確認した。市担当者は「一般的な水門とは違い水圧で動く。水門は大雨警報等が出たら閉める」と説明した。

 意見交換会では「仮設ポンプの運用計画は大丈夫なのか」「雨が降っているときに注意する場所は」「何をどう見て判断するのかが分からない」等、疑問点や情報を求める意見が多くあがった。

 住民運動をけん引してきた河原典子さんは「農業用水・雨水排水施設兼用の大丸用水をどう位置付け、計画管理していくのかが大きな問題」と指摘。「適切な対策を講じていただくために、川崎市長との面談を求めてきているが実現されていない」と、要望を続ける。

 市は改めて、同地域の住民説明会を4月以降に実施するとしている。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

アウェーで2勝

川崎BT

アウェーで2勝 スポーツ

連勝6、好調維持

4月9日号

22年ぶり「日本一」

市内中学生水球チーム

22年ぶり「日本一」 スポーツ

稲中生4人がメンバーに

4月9日号

サボテンにっこり

サボテンにっこり 文化

緑化センター

4月9日号

未指定「文化財」募る

未指定「文化財」募る 文化

市顕彰制度、4年目に

4月9日号

開放日、のびのびと

開放日、のびのびと スポーツ

生田緑地ゴルフ場

4月9日号

自動車文庫たちばな号

自動車文庫たちばな号 文化

月2巡回

4月9日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】4/5(月)午前9時10分オープン!コロナ感染症予防対策実施中!

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク