神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

ライドシェア タクシー同様の運用に 「日本型」で4月開始

社会

公開:2024年4月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
JR武蔵小杉駅のタクシー乗り場
JR武蔵小杉駅のタクシー乗り場

 一般のドライバーが自家用車で客を運ぶライドシェアの4月からの運用開始を前に、神奈川県タクシー協会は運用指針となるガイドラインを策定し、3月8日に協会加盟の全事業者に通知した。運転手はタクシー事業者が面接などを通じて採用し、業務の前後に「遠隔点呼」を実施するなど、現状のタクシーと同水準の運用を推奨している。

京浜交通圏で

 運用が始まるのは、タクシー会社が管理する自家用車での有償運送を前提とした「日本型ライドシェア」。政府内で議論が続く「タクシー事業者以外の者が行うライドシェア」とは異なる、「タクシー会社主導型」のライドシェアだ。

 県内の対象エリアは、国土交通省がタクシーの配車アプリのデータをもとに「車両が不足している」と特定した川崎市、横浜市、横須賀市、三浦市の「京浜交通圏」。具体的には、【1】金〜日曜日の午前0時台から5時台で940台【2】金〜日曜日の午後4時台から7時台で480台が不足しているとし、4月の段階では【1】【2】とも不足分の5割の台数が配分される見通しだ。「日本型ライドシェア」への参入に際し、道路運送法に基づく事業許可を取得済みのタクシー事業者が保有している車両台数分を上限に、「自家用車ドライバー」の車両を稼働できる。

 ドライバーの採用、研修、および使用する自家用車の点検もタクシー事業者が行う。

無事故2年が条件

 採用条件は、直近2年間が無事故で、運転免許の停止処分を受けていない20歳から70歳未満の健康なドライバー。健康診断の結果や運転記録証明書の提出を義務付け、合格後は労働条件通知書を発行して、雇用関係を結ぶ。勤務時間は、原則として「週20時間未満」にとどめるよう求めている。

 推奨する営業管理としては、デジタルツールを使った遠隔点検システムでの顔認証▽免許証の読み取り▽健康状態と睡眠時間の入力▽アルコール検知器を使った酒気帯び確認を「業務前点呼」とし、業務終了時にも点呼と本人認証を行う。終業後はタクシー事業者が配車アプリのシステムを操作することで、所定時間外の営業を防止する。

 車両点検や自動車保険の費用、ドライブレコーダー、アルコールチェッカーなどはタクシー事業者が負担する。

 県タクシー協会では、東京ハイヤー・タクシー協会のガイドラインをたたき台にしたが、運転手の採用形態など事業許可申請に必要な基準自体、まだ国交省から示されていない段階だ。

 協会の幹部は「短時間で準備を進めなくてはならないが、今回の運用の結果次第で、『全面解禁』ありきのライドシェアの議論の流れが少しでも変わってほしい。この日本型ライドシェアの積極的な導入に期待したい」と話していた。

多摩区・麻生区版のローカルニュース最新6

仲間と初の寺ライブ

山川こうたろうさん

仲間と初の寺ライブ

還暦迎え、音楽で感謝

6月14日

食の安全考える契機に

食の安全考える契機に

多摩区で映画上映会

6月14日

「特別な12年だった」

ニック選手 現役引退 川崎ブレイブサンダース

「特別な12年だった」

6月14日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月14日

全面ペーパーレス化

川崎市

全面ペーパーレス化

学校経由のイベント告知 

6月14日

SDGsは「社会変革」

SDGsは「社会変革」

笑下村塾代表 たかまつななさん

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区・麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook