神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

麻生区在住高校生4人 チアで全米優勝に貢献 仲の良さ強みに奮闘

スポーツ

公開:2024年4月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
大会のメダルをかけポーズをとる(左から)小川さん、山田さん、井上さん、大久さん
大会のメダルをかけポーズをとる(左から)小川さん、山田さん、井上さん、大久さん

 麻生区在住の生徒が在籍する向上高校(伊勢原市)チアダンス部がこのほど、アメリカ・フロリダ州で行われた世界大会で、チアリーダーの「応援する力」を競うGame Day部門に日本代表として出場し、同部門で1位、さらに全部門を通じて総合優勝に輝いた。3月29日には県庁に表敬訪問も行い、黒岩祐治県知事に結果を報告した。

 麻生区からは山田心菜さん(3年)、井上理々愛さん(3年)、大久美和子さん(3年)、小川琴音さん(2年)の4人のメンバーが出場。優勝の喜びを語った。

 井上さんは「アイコンタクトがとれるくらい観客との距離が近かった。応援する気持ちと共に、皆で楽しもうとする雰囲気をつくれたと思う」と振り返る。「本番前、会場と同じ広さの練習場が使えず、音が聞こえづらかったり、フォーメーション移動もうまくいかなかった」と大久さん。心配な点はあったものの、本番では納得いく演技ができたという。

 同部の強みは「アームモーション」。チアダンスの中で欠かせないぴたりとそろった腕の動きは「学年を超えた仲の良さがあるからこそ」と4人は異口同音に言う。仮引退を迎えた3年生に代わり、部を引っ張っていく小川さんは「これから同じレベルを保つためにも練習量を増やしたり、できる努力をしたりして技術を強化していきたい」と意気込みを語った。副部長を務めていた山田さんは「力を底上げするために、これからも妥協せず厳しいことでもチームのためになることを言っていきたい。このチームが大好きなので」と笑顔を見せた。

 麻生区育ちで、同じ中学校に通ったり、部活動の試合で顔を合わせていたりと、以前からそれぞれつながりがあったという4人。山田さんは「帰る方向が同じこともあり、話す時間は多かった。チアは1人じゃできない。高校でこのメンバーに出会えてよかった」と感謝を語った。

多摩区・麻生区版のローカルニュース最新6

仲間と初の寺ライブ

山川こうたろうさん

仲間と初の寺ライブ

還暦迎え、音楽で感謝

6月14日

食の安全考える契機に

食の安全考える契機に

多摩区で映画上映会

6月14日

「特別な12年だった」

ニック選手 現役引退 川崎ブレイブサンダース

「特別な12年だった」

6月14日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月14日

全面ペーパーレス化

川崎市

全面ペーパーレス化

学校経由のイベント告知 

6月14日

SDGsは「社会変革」

SDGsは「社会変革」

笑下村塾代表 たかまつななさん

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区・麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook