神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

多摩SDC つながりのきっかけに 4月27日 登戸でマルシェ

文化

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
第4回登戸・たまがわマルシェのチラシ
第4回登戸・たまがわマルシェのチラシ

 多摩区ソーシャルデザインセンター(多摩SDC)は4月27日(土)、第4回登戸・たまがわマルシェを開催する。場所は稲田多摩川公園と登戸地区多摩川河川敷で、午前10時から午後4時。荒天の場合、翌28日(日)に順延する予定だ。

 まちのにぎわいや、交流の機会、地域の人の活動を知る・知ってもらう場の創出を目指して企画されたイベント。近隣の店舗や団体、個人約500人の協力を得て、大学生約150人で運営している。昨年は約6万5千人が会場を訪れた。

 ステージでは、地域で活動する団体やアーティスト、地元の中高生が多数出演し盛り上げる。飲食や物販のブースも多く並び、キッチンカーも出店する予定。

 キッズエリアでは、スーパーボールすくいや輪投げ、ヨーヨー釣りなどの子どもたちが楽しく遊べるコンテンツを用意。そのほか、フリーマーケットや各種ワークショップもある。

 認知症サポーターのシンボルキャラクター「ロバ隊長」を作る企画も進め、認知症への理解を深めていく。また、ごみの不法投棄を減らす啓発も実施するほか、ごみ収集車の中を見られる「スケルトン車」も設置する。

 また、川崎市は「市制100周年ブース・緑化フェアブース」、多摩警察署や警視庁は「パトカーと白バイの展示撮影ブース」を設けるなど、行政や企業の協力を得た体験ブースもある。

 イベントの詳細は多摩SDCウェブサイト。同SDCは、イベントを通じて「地域に愛着を持ち、居心地の良い場所になることを目指していく」としている。

CFにも挑戦

 動物園を呼んで、かけがえのない思い出を作りたい――。そんな思いから、25日までクラウドファンディング(CF)にも挑戦中。ポニーの乗馬体験やヤギなどのさまざまな動物にふれあえる体験型のコンテンツを行う。目標金額は40万円。CFサイトのCAMPFIRE内で「登戸・たまがわマルシェ」を検索すると、プロジェクトページにアクセス可。詳細は多摩SDC【電話】044・281・4422(平日午前10時から午後4時)。

多摩区・麻生区版のローカルニュース最新6

「育てる喜び」期待寄せ

「育てる喜び」期待寄せ

虹ヶ丘小1年生が苗植え

5月24日

「安心カード」全戸配布へ

中原区木月一丁目自治会

「安心カード」全戸配布へ

震災の教訓生かし

5月24日

プロボノ部 参加者募る

プロボノ部 参加者募る

説明会を開催

5月24日

市制100年へ 体制充実

市制100年へ 体制充実

多摩区町会連合会が総会

5月24日

いざへの備え できる限り

宮前区鷺沼町会

いざへの備え できる限り

防災ボトル約1100個

5月24日

タオルで高める防災意識

宮前区小台町内会

タオルで高める防災意識

20周年記念に全戸配布

5月24日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区・麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook