神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

旧市民ミュージアム 仮囲いで歴史伝える展示

文化

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
旧施設の仮囲いの装飾展示
旧施設の仮囲いの装飾展示

 2019年の台風被害で閉館した旧川崎市市民ミュージアムを囲う「仮囲い」の壁面を使い、旧ミュージアムの歴史を伝える装飾展示が3月29日から始まった。第一弾として、旧施設の構想から完成までを伝える設計図や建設写真など、計18枚の画像を掲示している。

 旧市民ミュージアムは19年の台風19号(令和元年東日本台風)で浸水し、展示作品や収蔵品とともに建物が激しく損傷したため、取り壊すことが決まっている。今後は市の等々力緑地再編整備実施計画に基づき、29年度までの間に解体撤去を含む整備事業を完了させる予定。現在、民間事業者と市で工程を調整中という。

 今回の展示では、1980年代に議論が本格化したミュージアム構想の内容から設計図、そしてエントランス付近に展示された産業遺産「トーマス転炉」の写真などを、1枚ずつ仮囲いに転写した。別のエリアの囲いでも展示を計画中といい、市の担当者は「旧ミュージアムの歴史や果たした役割などを知ってもらいたい」と話している。

旧施設の正面写真
旧施設の正面写真

多摩区・麻生区版のローカルニュース最新6

「育てる喜び」期待寄せ

「育てる喜び」期待寄せ

虹ヶ丘小1年生が苗植え

5月24日

「安心カード」全戸配布へ

中原区木月一丁目自治会

「安心カード」全戸配布へ

震災の教訓生かし

5月24日

プロボノ部 参加者募る

プロボノ部 参加者募る

説明会を開催

5月24日

市制100年へ 体制充実

市制100年へ 体制充実

多摩区町会連合会が総会

5月24日

いざへの備え できる限り

宮前区鷺沼町会

いざへの備え できる限り

防災ボトル約1100個

5月24日

タオルで高める防災意識

宮前区小台町内会

タオルで高める防災意識

20周年記念に全戸配布

5月24日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区・麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook