神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

川崎市 人口155万人を突破 政令自治体で6位の規模

社会

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
市の人口推移=川崎市提供
市の人口推移=川崎市提供

 市は4月11日、市の人口が初めて155万人を突破し、155万242人となったと発表した。4月1日現在の推計人口をもとに集計し、9日の時点で155万人を超えたことが分かった。

 川崎市は1924(大正13)年に5万188人でスタート。以後、人口が増え続け、政令指定都市に移行した翌年の1973年に100万人、2017年に150万人をそれぞれ突破した。

 全国20の政令指定都市と比較すると、人口規模では6位だが、出生数から死亡数を差し引いた「自然増減」では減少幅が最も少なく、出生率も0・7%で熊本市、福岡市に次ぐ3位。自治体としての「勢い」を表す指標で上位を占めている。

 市内7区の増加率を17年と比較すると、中原区がトップで2位は幸区、3位は多摩区。年齢層ごとの増減では、25歳〜29歳と50歳〜64歳の増加が顕著な一方で、0歳〜4歳、35歳〜44歳、65歳〜69歳の減少が目立つ。こうした増減トレンドについて、市の担当者は「就職や進学のタイミングでの20代の転入が非常に多い一方で、家庭を持ち家族で暮らし始めるタイミングで市外に転出する傾向がある」と言う。

 市の推計人口の発表は毎月1日だが、今回は追加での発表となった。市の担当者は「市制100周年に155万人突破という、とても喜ばしい情報として公表させていただいた」と話していた。

多摩区・麻生区版のローカルニュース最新6

仲間と初の寺ライブ

山川こうたろうさん

仲間と初の寺ライブ

還暦迎え、音楽で感謝

6月14日

食の安全考える契機に

食の安全考える契機に

多摩区で映画上映会

6月14日

「特別な12年だった」

ニック選手 現役引退 川崎ブレイブサンダース

「特別な12年だった」

6月14日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月14日

全面ペーパーレス化

川崎市

全面ペーパーレス化

学校経由のイベント告知 

6月14日

SDGsは「社会変革」

SDGsは「社会変革」

笑下村塾代表 たかまつななさん

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区・麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook