麻生区版

「環境事業で世界を変える」

阿部JC理事長が意欲

掲載号:2011年1月28日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1月1日付で就任した主な役員正面右が阿部理事長
1月1日付で就任した主な役員正面右が阿部理事長

 川崎市内の若手経営者らで組織されるまちづくり団体「社団法人川崎青年会議所(JC)」(阿部徹理事長)主催による「新年のつどい」が今月10日、川崎区日進町の川崎日航ホテルで開催された。

 挨拶に立った阿部理事長は、今年60周年の節目を迎える川崎JCについて言及し、「会員一同で厳しい修練を積んで活気ある団体にする」と宣言。その上で、今期は家庭からできる環境問題に関する事業に力を注ぐとし、「地域だけでなく、世界を変えられるようにしたい」と抱負を述べた。

 集まりには、松沢成文知事や阿部孝夫市長のほか、市内の経済団体や奉仕団体が参加し、新年の門出を祝った。山田長満川崎商工会議所会頭は「新しい産業を作り出して、川崎、日本の経済を活性化につなげてもらいたい」と、JCのさらなる発展に期待を寄せた。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク