麻生区版

市内外のスポーツ振興をボランティアとして支えてきた

柳下真之さん

高石在住 63歳

掲載号:2011年2月4日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やるならば心血注いで

 ○…サッカーやマラソン、アメフトなど、市内外のスポーツをボランティアとして支えてきた。信条は「ボランティアは自ら志願してやるものであって、自己犠牲を厭わずに活動を続けてこそ」。特に川崎フロンターレへの思いは強く、JFL時代からイベントの人員集めや清掃、チケットもぎりなど裏方に徹する日々を送ってきた。「地元で芽生えたスポーツは地域の宝。不毛の時代もあるかもしれない。けれど、そういう時こそ何とか支えなければという思いが沸いてくる」

 ○…1947年、東京都青山生まれ。國學院久我山高校を経て國學院大學へ進学した。”久我山”という名のもとに、集い語り合える先輩後輩たちとの繋がりは「我が財産」。その後の人生のライフワークとなる川崎フロンターレとの出会いも、母校の後輩が活躍する試合観戦がきっかけだった。「世界中で活躍する仲間たちはやはり特別な存在。同じ”久我山”というだけでもう家族みたいなもの」

 ○…本業は化粧箱や貼箱を製作する会社の顧問。持ち前のフットワークと人脈

を活かし、有名洋菓子店などのパッケージデザインなどを扱う。「仕事で大切にしていることも、やはりやるなら一生懸命に。それと相手の気持ちを汲む努力を惜しまないこと」。時に営業マン、時に宣伝マンと労を惜しまず自ら何でもこなす。

 ○…自ら壁を作らず、誰にでも話しかける性格は、同年代だけでなく若者たちからも支持を得る。現在Jリーグ昇進を目指し奮闘中のFC町田ゼルビアの若いボランティアスタッフからも”やぎさん”の愛称で慕われている。孫ほど年の離れた若者から時に人生相談を受けることも。「こういう異世代交流ができるのもボランティアの魅力。チームを思う真剣な気持ちがあるから、皆年齢関係なく繋がれる」
 

関連記事powered by weblio


麻生区版の人物風土記最新6件

矢端 雅子さん

(株)ジェイコムイースト町田・川崎局の新局長に就任した

矢端 雅子さん

4月10日号

鈴木 裕子さん

かわさき産業親善大使に任命されたフリーアナウンサー

鈴木 裕子さん

4月3日号

坂入 健司郎さん

かわさき産業親善大使に任命された指揮者

坂入 健司郎さん

3月27日号

三鬼 洋二さん

3月11日付で麻生警察署第20代署長に就任した

三鬼 洋二さん

3月20日号

やしろ 優さん

川崎フロンターレのホーム開幕戦で始球式のキッカーを務める

やしろ 優さん

3月13日号

佐々木 邁(すすむ)さん

「文化の風コンサート」を4月に主催する芸術の街研究会の会長を務める

佐々木 邁(すすむ)さん

3月6日号

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク