麻生区版

心和むつるし雛を展示

早野聖地公園事務所

掲載号:2011年2月11日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
可愛らしい人形細工がずらりと並ぶ
可愛らしい人形細工がずらりと並ぶ

 洋服や着物の切れ端などで作った人形を飾る「つるし雛」が3月31日(木)まで早野聖地公園事務所(早野732)で展示されている。

 つるし雛を飾るようになったのは一昨年。同事務所で働く宝田慎一さんが、散歩や墓参りに訪れた人々の心が落ち着く場所を作りたいと展示を始めた。

 つるし雛は全て、慎一さんの妻の年子さんが自宅で手作りしている。着物などの端切れを一つひとつ縫い合わせ、ウサギや金魚、金太郎、小槌などの形に繕った。縁起物のつるし雛には、割り切れる偶数の数字を避けるならわしがあるため5本か7本の赤糸に奇数分の人形細工が飾られている。

 慎一さんによれば、つるし雛の展示を心待ちにしている人は多く、中には電話で展示時期を尋ねる人もいるという。事務所内に設けられた意見箱には「お墓参りにきた時に見たつるし雛がきれいで心が和んで良かった。またよろしくお願いします」との書き置きもあった。

 お墓参りに来ていた野原俊子さん(多摩区中野島在住)は目の前に展示されたつるし雛を見つけ、「とてもきれい。どの人形も可愛くて欲しくなっちゃう」と感激した様子だった。

 こうした来場者の声に対し、年子さんは「(つるし雛を見て)喜んでくれる方がいるのはとても嬉しい」と話していた。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク