麻生区版

「警報器の早期設置を」

麻生消防署がキャンペーン

掲載号:2011年2月25日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「僕のおうちは済んだかな?」
「僕のおうちは済んだかな?」

 麻生消防署が今月21日、新百合ヶ丘駅南口広場で住宅用火災警報器の設置を呼びかけるキャンペーンを行った。

 当日は同署員や婦人消防隊委員会委員長など約20人が参加。チラシなどを配りながら通行人に設置を呼びかけた。

 設置義務化まであと100日を切ったこともあり、平日にもかかわらず多くの人が足を止め、「詳しく教えて欲しい」と署員に質問する姿も多く見られた。

 同署の大川原勝吉署長は「設置率を100%にするためにも、あと100日が非常に大切な時間となる。ここへきてすでに設置した家庭での奏功事例なども報告されるようになってきたので、そのような具体的な事例も含めてお話していきたい。今後も積極的に早期設置を呼びかけていく方針」と話していた。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク