麻生区版

エコでフロンターレ応援

麻生クラブハウスで”贈湯式”

掲載号:2011年3月4日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武田社長(左)に目録を渡す岩本さん(右)
武田社長(左)に目録を渡す岩本さん(右)

 自然エネルギーの普及に取り組む市民団体「かわさき市民共同おひさまプロジェクト」が川崎フロンターレ麻生クラブハウスに太陽熱温水器を寄贈。先月22日に同クラブハウスで贈湯式が行われた。

 同団体は、市民や事業者からの寄付金を集め、地域に自然エネルギーの利用を増やす取り組みを進めている。08年には川崎市国際交流センター(中原区)に第1号機として太陽光発電装置を設置した。

 2番目の寄贈先として選ばれた麻生クラブハウスには、練習後に多くの選手が汗を流すシャワー設備がある。これまでは年間5000リットルのお湯をプロパンガスで沸かしていたという。

 同団体では、太陽熱温水器の導入により年間3トンの二酸化炭素が削減できるとみている。

 同プロジェクトのリーダーを務める岩本孝子さんは「(多くの注目を集める)サッカー選手がエコに取り組む姿をたくさんの市民に見てもらうことにより、エコ意識を普及させたい」と話している。

 川崎フロンターレの武田信平社長は「プロジェクトのおかげでCO2の削減に寄与できるのをありがたく思う」と感謝を述べた。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第149回 シリーズ「麻生の歴史を探る」岡上の山伏― 前編

    5月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク