麻生区版

「心ひとつに被災地支援を」

川崎フロンターレ選手らが新百合で募金活動

掲載号:2011年3月25日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもたちも次々に協力した
子どもたちも次々に協力した

 川崎フロンターレが被災地復興支援に乗り出している。

 寒波が関東地方上空を覆った今月18日、新百合ヶ丘駅前には川崎フロンターレの選手や関係者に加え、川崎区にある相撲部屋「春日山部屋」の力士、川崎新田ボクシングジム(多摩区)のボクサーらが集まった。

 スポーツの垣根を越え集結した選手らは東日本大震災復興のための募金活動を実施。声を張り上げ協力を募った。

 甚大な被害を受けた宮城県に本拠地を置く「ベガルタ仙台」のマフラーを身に付け街頭に立った中村憲剛選手は「今、自分にできることから始めようと思った」と活動に対する思いを打ち明けた。募金活動は同日武蔵小杉駅でも行われ、両駅で393万6129円を集めた。

 川崎フロンターレは「国民の心(マインド)をひとつにすること」をテーマに、一連の支援活動を「Mind-1(マインドワン)ニッポン」と命名。今後もチャリティーイベントなどを順次行っていく方針だ。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第144回 シリーズ「麻生の歴史を探る」入会地騒動 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「町田市史」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    2月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク