麻生区版

「はやぶさ」成功の道語る

川口淳一郎氏が特別講演

掲載号:2011年4月15日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
少年の質問に答える川口氏
少年の質問に答える川口氏

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスを拠点とした「はやぶさ」プロジェクトチームでチームを成功に導いた川口淳一郎プロジェクトマネージャーによる特別講演会が先月13日、KSPホールで行われた。主催は(財)神奈川科学技術アカデミー(馬来義弘理事長)。

 最近になって小惑星イトカワの微粒子を持ち帰ったことが判明し話題になったことや、今後の微粒子の分析にも注目が集まっていることから、当日は小中学生の児童生徒からプロジェクトに関わった専門家まで200人を超える参加者が集まった。

 講演では、プロジェクトチームを成功に導いた川口氏のリーダーとしての決断、それを支えた日本人研究者たちの活躍、イオンエンジンをはじめとする先端技術にスポットをあてた話などが披露された。

 また、7年にわたる飛行期間中、何度となく訪れた絶体絶命のピンチの中、その都度奇跡的に復活させたアイデアや苦労話をユーモアを交え語り、危機を迎えた際の神社参拝の映像が流れると会場は笑い声に包まれた。川口氏は「足もとばかりを見てはいけない。高い塔を建ててみなければ、新たな水平線は見えてこない」と参加者へメッセージを送った。

 最後の質疑応答では、小学生などからの質問に真摯に回答し、会場からは盛大な拍手が送られた。
 

関連記事powered by weblio


麻生区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月25日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    第144回 シリーズ「麻生の歴史を探る」入会地騒動 後編参考資料:「ふるさとは語る(柿生郷土史刊行会)」「町田市史」「川崎市史」「新編武蔵風土記稿」

    2月8日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク