麻生区版 掲載号:2011年8月5日号
  • googleplus
  • LINE

岡上分館で郷土誌講座 「岡上の資料から学ぶ歴史」

 岡上分館集会室で8月27日(土)から、市民自主企画事業「岡上で地域学・郷土誌講座〜岡上の資料から学ぶ歴史」が開催される。

 講師に郷土史家の中西望介氏、成蹊大学教授の池上裕子氏、川崎市市民ミュージアム学芸員の望月一樹氏を迎え、古文書や石造物からわかる暮らしの歴史を学ぶ。

 日程は8月27日(土)、9月2日(金)、10月7日(金)、11月4日(金)、12月2日(金)、2月3日(金)の全6回。対象は岡上地区もしくは麻生区に在住・在勤・在学で同講座に興味のある人。定員は20人。受講料は無料だが、資料代として1回100円が必要となる。

 時間は各日とも午後2時から午後4時半まで。主催は岡上に親しむ会(郷土誌会)・川崎市教育委員会。

 参加希望者は往復はがきに【1】住所【2】氏名(ふりがな)【3】電話番号(FAX番号)を記入の上、〒215-0027川崎市麻生区岡上286の1(鶴川駅徒歩7分)岡上分館「岡上の資料から学ぶ歴史」担当者まで申し込みを。

 8月16日(火)必着。※申し込み多数の場合は抽選。

 問い合わせは岡上分館【電話】044(988)0268へ。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク