麻生区版 掲載号:2011年8月19日号
  • googleplus
  • LINE

夏呼び込むソーラン踊り 川崎授産学園でふれあい夏祭り

鳴子を手に踊る参加者たち
鳴子を手に踊る参加者たち

 障がい者の複合施設、川崎授産学園で今月4日、「ふれあい夏祭り」が行われた。

 主催は川崎授産学園と千代ヶ丘中ノ間自治会、同施設つばき寮とつつじ工房の保護者会。障がい者が地域住民と気軽に交流できる機会を設けようと始まった。夏の風物詩として地域で定着し、今年で30回目を迎える。

 職員やボランティアの手で前日から準備された会場内には櫓(やぐら)が組まれた。色とりどりの浴衣を着た来場者たちは、櫓(やぐら)を取り囲んで思い思いに踊りを楽しんでいた。利用者も車いすなどで会場を訪れ、夏の夜のひと時を堪能していた。

 開会式では東日本大震災の被災者のために、参加者全員が黙祷を捧げる一幕も。「障がい者支援施設めいぼう」(中原区)や「菅ソーラン踊り隊」(多摩区)も駆けつけ、太鼓や踊りで会場を盛り上げた。

 高津区下作延から遊びに来ていた石崎とし子さんは「年に1回の夏祭りが何よりの楽しみ。普段の生活とは違う施設利用者の笑顔を見られるから」と話していた。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク