麻生区版 掲載号:2011年9月23日号
  • googleplus
  • LINE

親子が秋の夜空を満喫

「月が間近に見えるよ」
「月が間近に見えるよ」

 障がい者の複合施設「川崎授産学園」で今月10日、中秋の名月を観察する天体観望会が行われた。地域住民など200人以上が参加した。会場では月見団子が振舞われ、集まった人々は思い思いに秋の夜空を楽しんだ。

 天体観望会は、川崎授産学園や川崎天文同好会、川崎市文化協会が主催した。近隣住民との交流を目的に昭和57年から始まり、今年で117回を数える。

 当日の夜空は雲もなく、空気も澄んでおり星空を眺めるのに適した天候。望遠鏡を覗き込んだ人からは「うわっすごい」「きれい」と歓声があがった。

 職員の鈴木由美子さんは「望遠鏡を覗いているとまるで月面を散策しているような気分になる。今年は初めて参加した人も多く、施設を周知する良いきっかけになった」と話した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク