麻生区版 掲載号:2011年9月23日号
  • googleplus
  • LINE

禅寺丸柿、枝もたわわに 区役所前広場に秋の便り

沢山の実をつけた禅寺丸柿(20日撮影)
沢山の実をつけた禅寺丸柿(20日撮影)

 麻生区役所前広場にある禅寺丸柿が実をつけた。木には枝がたわむほどにたくさんの実がなった。

 禅寺丸柿は日本最古の甘柿(不完全甘柿)と言われ、鎌倉時代に発見されたと伝えられている。その独特の甘さが人気を博し、江戸から明治時代にかけて栽培された。地域の名産品として長年地域住民に親しまれており、柿生の地名の由来にもなった。同区役所総務課によると、広場の禅寺丸柿は毎年多くの実をつけ、区役所を訪れた人々の目を楽しませているという。 
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク