麻生区版 掲載号:2011年10月7日号
  • googleplus
  • LINE

音大生が演奏会を企画 出演交渉や演出も一手に

企画会議が続く
企画会議が続く

 昭和音楽大学で舞台芸術を学ぶ音楽芸術運営学科アートマネージメントコースの学生らが制作全般を手がけるコンサートの企画に取り組んでいる。プロの音楽家への出演交渉やスポンサーの確保などに奔走する学生たちを取材した。

 同大学では毎年、3年生を中心とした学生がコンサートのプロデュースに取り組んでいる。

 「誰を呼ぶか、どんなコンサートにするかも全て自分たちで考える。私たちのグループは前から憧れていた先輩音楽家を呼ぶことにした」。そう話すのは昭和音楽大学の卒業生を中心に結成された「トリオ・リベルタ」を迎え、初のクラシックプログラムを企画しているグループのリーダー佐々木ななみさん(3年)だ。

 佐々木さんらはグループごとに3公演を企画。音楽家への出演交渉や演奏のコンセプト作り、選曲などに取り組んでいる。

 「ゼロから自分たちでやってみると様々な発見がある」と話すのは中條辰啓さん(3年)。音楽家のプロ意識の高さに触れ、舞台芸術の道に進みたいという気持ちが一層強くなったという。

 チケットの販売数を伸ばすことも課題のひとつ。複数の公演をセットで販売する工夫でより多くの集客を目指す。

 【トリオ・リベルタ〜クラシックで魅せ、タンゴで酔わせる】…11月26日(土)午後6時半開演。一般2500円/学生1000円(全席自由)

 【野平一郎ピアノリサイタル〜古典×現代 2つの時代が交錯する】…11月30日(水)午後6時半開演。一般2500円/学生1000円(全席自由)

 【トリオ・サンクァンシュ〜稀代の奏 名手が放つ3層の煌き】…12月7日(水)午後7時開演。一般2500円/学生1000円(全席自由)

 購入・問い合わせは同大学企画制作室【電話】044(959)5121へ。
 

麻生区版のトップニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク