麻生区版 掲載号:2011年10月21日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市からノーベル賞を 麻生区少年少女発明クラブが発足

意見交換などを行った発足メンバーら
意見交換などを行った発足メンバーら

 子どもたちにものづくりの場を提供しようと「川崎市麻生区少年少女発明クラブ」が発足し、今月15日に第1回役員会議を開いた。

 同クラブは(社)発明協会に属する団体。47都道府県に206の発明クラブを置き、全国的な活動を展開している。川崎市内には小向東芝少年クラブ(幸区)など2つのクラブが存在し、麻生区は3番目の発足となった。 同クラブは麻生区の小学3年生から中学生までを対象にものづくりの講座を開くなどして、子どもたちの科学的想像力を養う。企業で働く技術者や第一線を退いたメンバーがボランティアとして指導することで地域の絆づくりにも貢献したい考え。

 講座には同クラブの会長で慶応義塾大学環境情報学部・政策メディア研究科教授の安村通晃さんや航空宇宙技術研究所(JAXA)の元上席主任研究員の中谷輝臣さんなど、第一線で活躍する講師陣が次々登壇するという。

 名誉会長に就任した松沢成文前神奈川県知事は挨拶に立ち「産業立国でもある日本を未来につなげていくため、”ものづくり”の楽しさを肌で感じられる機会を積極的に提供していきたい」と話した。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク