麻生区版 掲載号:2011年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

HISフォーラム2011in高崎で病院広報企画賞を受賞した 尾作 委砂子さん たま日吉台病院勤務 56歳

地域と医療の架け橋に

 ○…「今一番必要なことは何か」―常にそのことを考えて行動してきた。たま日吉台病院で、人の命を守る「医療安全管理者」に就いて早1年。病院全体を見渡すうちに見えてきたことは、「地域コミュニケーションの重要性」だった。「病院は一生に数回の、最も辛い時間を過ごす場所。日ごろから地域とのコミュニケーションをとり、病院の負のイメージを払拭したかった」

 ○…1955年、東京生まれ。中学2年生のときに大病をわずらい生死の境をさまよった。高校を卒業後は化粧品販売の職に就くが、25歳で医療の道を諦められずに看護学校に通い始める。仕事をしながら2人の幼い子どもを育て、看護学校に通う日々が数年間続いた。40歳で桐蔭大学法学部に入学。大学院に進み、医療事故の判例を読み漁った。横浜の病院を退職し、55歳でビジネススクールに。そのスキルを生かして昨年、たま日吉台病院で医療安全管理者の職に就いた。

 ○…休日は家族や3人の孫と過ごしたり、友人と温泉にいったりと充実した時間を過ごす。6ヵ月、1歳3歳と、まだ小さな孫と遊んでいると、疲れも忘れてしまう。成人した子どもたちからは「いつも勉強している勤勉な母親」だと言われている。「お母さんの姿を見て勉強しようと思った、と息子たちに言われたことは今でも忘れられない」

 ○…今年の8月、分院に小学生を招いて行った「AED&救急車を体験しよう」が評価され、「HISフォーラム2011」で表彰を受けた。「イベントを通じて、子どもたちが少しでも医療に興味を持って欲しいと思い企画した。看護婦さんになりたいという感想を貰ったときはとても嬉しかった」。今後の目標は要介護者と家族が、ゆっくりと時間を共有できる空間やサービスを作ること。「こんな物やサービスがあればいいのにという思いは尽きない。今後も、形は変わったとしても看護と地域に関わり続けたい」と意欲を燃やす。
 

麻生区版の人物風土記最新6件

多田 貴栄さん

4月1日付けで麻生区長に就任した

多田 貴栄さん

4月13日号

徳永 友一さん

月9ドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛けた

徳永 友一さん

3月23日号

橋本 哲夫さん

川崎市ラグビーフットボール協会の会長を務める

橋本 哲夫さん

3月16日号

鈴木 孝之さん

麻生区少年野球連盟の会長を務める

鈴木 孝之さん

3月9日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

佐藤 忠男さん

10年目の開催となる「アルテリッカしんゆり」の実行委員長を務める

佐藤 忠男さん

2月16日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク