麻生区版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

川崎市 人権啓発ラッピングバス走行中 女性に対する暴力根絶など、16項目が重点目標

人権啓発のラッピングバス
人権啓発のラッピングバス

 12月4日から10日までの人権週間にちなみ、川崎市は、市民に人権に関する正しい知識を深めてもらい、人権意識を高めてもらおうと、ラッピングバスを走らせている。これに先がけ11月28日には高津区溝口の川崎市男女共同参画センター(すくらむ21)で出発式を行った。

 バス側面には「みんなで築こう 人権の世紀〜考えよう 相手の気持ち 育てよう 思いやりの心〜」という今年度の啓発活動重点目標が記されている。また、女性に対する暴力根絶を訴えるパープルリボンのシンボルマークを施し、啓発に努めている。バスは来年2月まで市内4営業所管内で運行される。

 法務省によると、今年度は子どもの人権尊重▽高齢者を大切にする心の涵養▽

部落差別撤廃▽外国人の人権尊重▽HIV患者やハンセン病患者等への偏見をなくす▽犯罪被害者とその家族の人権配慮▽ホームレスに対する偏見をなくす▽性同一性障害者への差別をなくす▽北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深める――など16項目を人権啓発の強調項目に挙げている。これを受け、川崎市は先月18日に「かわさき人権フェア」を開き、人権作文の紹介や拉致被害者家族の支援コーナー、東日本大震災関連のパネルの展示を行ったほか、今月11日に「人権について考える市民のつどい」と題した講演と映画上映会を川崎市アートセンターで開催する。

 問い合わせは、川崎市市民・こども局人権・男女共同参画室(【電話】044・200・2316)まで。
 

川崎市市民・こども局人権・男女共同参画室

TEL:044-200-2316

麻生区版のピックアップ(PR)最新6件

平成30年度税制の解説と2022年問題(生産緑地)対策

不動産の相続、空き家対策お気軽にご相談下さい

春のお買得「下取フェア」

「家族信託」学ぶセミナー

成年後見・遺言に代わる新しい相続の手法

「家族信託」学ぶセミナー

4月13日号

「認知症を学ぼう」

元気なシニア世代向けの「新しい住み方」とは?

夫婦でも入居可能広めの住戸も特長的

元気なシニア世代向けの「新しい住み方」とは?

4月6日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク