麻生区版 掲載号:2012年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

「今年は地域連携の年に」 水処理センターで出初式

安全を願って一斉放水が行われた
安全を願って一斉放水が行われた

 麻生消防署と麻生消防団が今月7日、麻生水処理センター(上麻生6の15の1)で平成24年麻生地区消防出初式を行った。

 出初式は消防関係者の仕事始めに行われる行事。起源は江戸時代と言われ、正月の風物詩として広く知られている。

 当日は天候に恵まれたこともあり、親子連れなど、多くの市民が会場を訪れた。消防関係者278人が参加する一大イベントとなった。

 式では麻生区で消防や救命、安全管理に功績があった個人や団体に対する表彰が行われ、個人45人と5町会、4企業が受賞した。

 今年の出初式は特別なものとなった。昨年の大震災を受け、救助訓練が新たにプログラムに組み込まれた。消防関係者が息の合った掛け声で手際よく救助を行うと、市民からは惜しみない拍手が贈られた。上空に救助ヘリコプターが現れると、会場は一気に盛り上がりを見せた。

 麻生消防署の小林英木署長は「昨年は大震災を通し、防災への取り組みや、地域の結びつきの大切さを改めて実感した。今年は麻生区における結びつきをより強め、市民の皆様の安全を守っていきたい」と話した。

 参加者の親子連れは「ヘリコプターが見られると聞いて来た。カラーガード隊の皆さんがとてもかっこよかった」と話し、日頃間近で見る機会の少ない消防車を興味深そうに眺めていた。
 

見事な連携を見せた
見事な連携を見せた

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク