麻生区版 掲載号:2012年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

里山に感謝込めて植樹 東柿生小6年生が保全活動

1年間の授業の集大成として取り組んだ
1年間の授業の集大成として取り組んだ

 東柿生小学校の6年生が今月13日、早野聖地公園内の里山で植樹を行った。

 同校の6年生は授業で里山について学んできた。児童は里山で動植物の生態調査や下刈りなどを通じ、自然について触れる体験をした。

 今回の植樹はこうした授業を締めくくる最後の取り組み。今春卒業した児童に苗木を植えてもらうことで、大人になっても里山に関心をもってもらおうという狙いがある。

 グループに分かれ作業に取り組んだ児童98人はスコップで土に穴を掘ると、慎重な手つきでクヌギやコナラの苗木30本を植えていった。小さな苗木が自分たちよりも大きく成長するのを思い浮かべながら、児童は一生懸命作業に取り組んだ。

 1メートルほどの苗木は約7〜8年経つと5メートルほどの高さに成長する。

 児童の一人は「卒業したら、友達と一緒にどれくらいまで成長したか見にきたい」と笑みをみせた。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク